さい帯血国際患者支援の会 交流会に参加

先日、神戸先端医療センターで開催された、NPO法人さい帯血国際患者支援の会主催の交流会に参加。

造血幹細胞の移植やⅰPS細胞研究の現状について報告があり、最後に、昨年世界初の網膜移植手術をされた、神戸市立医療センター中央市民病院眼科部長の栗本康夫先生の講演がありました。
再生医療分野の研究はどんどん進んでいます。実用化への期待に胸が膨らみます。
さい帯血1 さい帯血2 さい帯血3 さい帯血4

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中